9 9月
2014

些細なケンカ

最近、よく夢を見るようになりました。たいていは起きた時に忘れてしまうのですが、ある一場面だけ覚えている時もあります。寝る前に見たテレビとか読んだ本にすごく影響されやすくて、実際、自分が登場人物になって出てくることもよくあります。でも一番嫌なのは、すごくリアリティーがある夢。登場人物もみんな身近な人で、場面が実家だったり、前に住んでいた家だったりするんです。
そして、内容もすごいリアルなので、時々、夢だったのか現実だったのか、わからなくなるのです。そういう夢が最近特に多くなったような気が・・・。これって年のせいなのかな。昔は、場面がリアルでも内容が非現実的だったので、「ああ、夢か」と思えたんですが。例えばおばあちゃんの家にいたのに突然ゴジラが出てきたり、学校でフランケンシュタインみたいなやつに追いかけられるとか。今はあまりそういう非現実的なことで怖い思いをするというより、些細なことでダンナとケンカをしたり、子どもを怒ったり、そういうすごい現実味のある内容なので、かえって起きた時の疲労感が増すんですよね。寝ているのに普段の生活と同じような夢を見るので、休んだ気がしないということでしょうね。どうせなら寝ている時くらい、ケンカや小言の夢じゃなくて、家族でディズニーランドで遊びまくるとか、海外旅行に行くとか、うんと楽しんでいる夢を見ればいいのに・・・。
朝、起きるために目覚ましをたくさんかけて、それでも二度寝をして遅刻するなんていう夢を見ると、本当に朝からぐったり疲れます。

Follow Me!

Follow Me! Follow Me! Follow Me! Follow Me!

Search

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報